リヴァプールのNo.1補強ポイントはGKだ! カリウス、ミニョレに代わる新守護神候補たち

満足なパフォーマンスを見せられていないカリウス photo/Getty Images

守備力の向上がプレミア制覇のカギ

リヴァプールは12月にサウサンプトンからDFフィルジル・ファン・ダイクを獲得することに成功した。以前からセンターバックの質に問題があると言われていただけに、この補強は大きい。では、次に補強すべきはどのポジションか。英『Daily Mirror』は間違いなくGKだと主張している。

リヴァプールは14日にマンチェスター・シティに初黒星をつけたが、GKロリス・カリウスのパフォーマンスは決して満足できるものではない。特にレロイ・サネにニアサイドをぶち抜かれたシュートは、トップレベルのGKなら確実に弾き出していたはずだ。ファン・ダイクを獲得したのは良いが、カリウスとシモン・ミニョレ以上のGKを獲得しなければ守備力の向上には繋がらない。

同メディアは何人か候補者をリストアップしているが、1番の大物として名前を挙げたのはアトレティコ・マドリードのヤン・オブラクだ。ワールドクラスのGKとの評価を受けるオブラクを引き抜くのは困難だが、リヴァプールがプレミアを制するにはフィリペ・コウチーニョの売却で得た資金で大物GKを獲得するべきなのかもしれない。サポーターもオブラク級のGKがやってくれば大満足だろう。

リヴァプールが獲得に興味を示しているとされるローマGKアリソンも有力な候補者だ。ブラジル代表のアリソンは2018ロシアW杯に万全の状態で臨む考えを持っており、今冬にクラブを離れる考えはないという。しかしW杯終了後に動きが起こる可能性もあり、アリソンもリヴァプールの守護神を任せるにふさわしい人材と言える。

そこからはややネームバリューに欠けるが、ヴォルフスブルクのクーン・カステールス、堅守バーンリーを支えるニック・ポープ、ラツィオの22歳GKトーマス・ストラコシャ、長期的なプランでGKを育てるという観点から18歳のトゥールーズGKアルバン・ラフォントもリストアップされている。

カリウス、ミニョレ以上のGKとなればサポーターはワールドクラスの選手を求めるだろうが、リヴァプールはファン・ダイクに続いて即戦力を確保できるのか。マインツから期待を背負って加入したカリウスが不安定なパフォーマンスを続けているだけに、これ以上の補強ミスはサポーターも許さないだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ