[移籍]FC東京、神戸からMF大森を獲得 G大阪時代の“恩師”長谷川監督と再タッグ

FC東京への移籍が決まった大森 photo/Getty Images

G大阪時代に長谷川監督と3冠を経験

FC東京は27日、ヴィッセル神戸からMF大森晃太郎が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

現在25歳の大森はガンバ大阪の下部組織出身で、2011年にトップチームへ昇格した。2013年に同クラブの指揮官に就任した長谷川健太監督のもとで徐々に出場機会を勝ち取ると、翌2014年シーズンからチームの主力として活躍。同シーズンはJ1、ヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)、天皇杯の3冠獲得に大きく貢献した。

今季は下部組織時代から長年過ごして来たG大阪を離れ、神戸へ移籍。J1で26試合に出場し、4ゴールを記録していたが、わずか1年での退団が決まった。来季からは、恩師の長谷川監督が新指揮官に就任したFC東京でプレイすることとなる。

そんな大森はクラブの公式サイトを通じて「初めまして、大森晃太郎です。来シーズン、FC東京がタイトルを獲れるように、ピッチで全力を出し切って頑張ります。ファン・サポーターのみなさま、応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

長谷川監督と再タッグを組むこととなった大森。2012年以来の二桁順位、13位で2017シーズンを終えてしまったFC東京を躍進させることができるのか。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ