すでに昨季の19得点に近づく サラーが得点を量産できる理由「監督はゴールに近い位置でプレイさせている」

リヴァプールで大暴れのサラー photo/Getty Images

リヴァプールで得点を量産

今夏リヴァプールに加入したFWモハメド・サラーは、リーグ戦19試合を消化した段階で15得点を記録しており、予想を大きく上回るペースで量産している。昨季はローマで全てのコンペティションを含めて19得点だったため、すでにそれに近づいていることになる。

なぜこれだけ得点を量産できているのか。英『sky SPORTS』によると、サラーは指揮官ユルゲン・クロップの指示でゴール前に顔を出す機会が増えたことが大きいと自己分析している。

「監督は他のクラブでプレイしていた時よりもゴールに近い位置でプレイさせている。僕は常にゴールの前でプレイしていて、だから得点を奪えるんだ。ローマからリヴァプールに来た時は少しばかり違いがあった。だけどすぐに監督が僕に何を求めているのか理解できたし、チームメイトのクオリティも高くて僕にとってはやりやすいんだ」

ローマも攻撃的なチームだが、リヴァプールにはロベルト・フィルミーノやフィリペ・コウチーニョなどチャンスを作り出してくれる選手も多い。ローマ時代以上にゴールを奪うことに重きを置いてプレイできているのだろう。ここまでのサラーはプレミアリーグのビッグサプライズとなっている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.201 初出場アイスランドがアルゼンチン相手に勝ち点1
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ