C大阪、東アジア選手権を回避した日本代表FW杉本健勇の手術実施を発表 

負傷により戦列を離れている杉本 photo/Getty Images

全治は6週間

セレッソ大阪は25日、負傷により戦列を離れている日本代表FW杉本健勇が手術を行ったと発表した。

現在25歳の杉本は今季、明治安田生命J1リーグで全34試合に出場。最終節で川崎フロンターレの日本代表FW小林悠に逆転を許し、惜しくも得点王を逃したものの、自身のキャリアハイを大幅に更新する22ゴールを挙げていた。さらに、川崎とのYBCルヴァン杯・決勝では、キックオフ直後の相手ミスを逃さず、値千金の先制ゴールをゲット。チームを悲願の初タイトルへ導いていた。

先日開催された『EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会(東アジア選手権)』へ臨む日本代表メンバーにも選ばれていたが、負傷の影響でやむを得ず回避していた杉本。クラブの公式サイトによると、左足関節関節内遊離体により21日に手術を実施し、全治6週間と診断されたようだ。

23日に行われた天皇杯・準決勝でヴィッセル神戸との120分間の激闘を制し、来年1月1日の決勝へコマを進めたC大阪だが、杉本の復帰は間に合わず。今季ゴールを量産したスコアラー抜きで2つ目のタイトル獲得を目指すこととなった。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ