ペップ流は止まらない 「ポゼッションサッカーが機能しなくなれば引退する」

マンCを率いるグアルディオラ photo/Getty Images

常に自分のやり方を貫く

マンチェスター・シティは10日にアウェイでマンチェスター・ユナイテッドと対戦したが、マンCの指揮官ジョゼップ・グアルディオラは相変わらずブレない人物だ。この試合ではラヒーム・スターリング、ダビド・シルバを0トップのような役割で起用する時間帯もあり、アウェイでの戦いながらポゼッション率は65%を記録。常に攻撃が機能していたわけではないが、ボールを保持する普段通りの戦いを披露して2-1の勝利を収めた。

グアルディオラの中にはアウェイで引きこもって勝ち点1を狙うといった守備的なアイディアはなく、常にボールを動かす攻撃的なスタイルを志向している。英『FourFourTwo』によると、グアルディオラはポゼッションサッカーが機能しない時代がくれば監督業をやめるとまで発言しており、そこに強いこだわりを持っていることを明かしている。

「もしポゼッションサッカーが機能しない時がくれば、私はリタイアするだろう。他のやり方を考えてないからね。もっと深い位置で守ることもできるが、私はボールを持ちたいし、プレイしたい。それはバルセロナの下部組織を指揮した最初の試合からトライし続けてきたことだ。時に機能しないこともあるが、それは相手が良かったか自分たちが悪かったかだけ。私の人生の中で考えを変えることは絶対にないだろう」

バルセロナ、バイエルン、マンCでそれぞれやり方は少しずつ変化させてはいるものの、攻撃的な姿勢は変わっていない。現在マンCのサッカーは驚くほど機能しており、戦術が通用しなくなって引退を決意する日は当分訪れないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ