北朝鮮との接戦を制した日本代表 ハリル監督が称賛した2人の若手

ビッグセーブを披露し、無失点勝利に貢献したGK中村 photo/Getty Images

指揮官へアピールした“柏レイソルコンビ”

日本代表は9日、『EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会(東アジア選手権)』の第1戦で朝鮮民主主義人民共和国代表(北朝鮮)と対戦。試合終了間際の後半アディショナルタイムに、MF井手口陽介が値千金の決勝ゴールを決め、1-0の勝利で白星発進を決めた。

試合後、インタビューに応じた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「少し運も味方した良い勝利でした。あまりにも未熟な形で戦ったところもありましたが、最終的に勝利できたのは良かったと思います」と喜びを語った。JFA(日本サッカー協会)の公式サイトが伝えている。

そして「相手がかなり低い位置でしっかりブロックを作っていたのでプレイしづらく、求めていた背後を狙う動きは少なかったです」や「低いブロックを作る相手の罠にはまったところもあって、我々はプレイスピードが遅くて横パスが多く、前線の選手たちが中盤に下がって来てボールをもらうことも多くありました。相手の背後を狙うには連動性が必要です」と課題を明かしつつも「相手はベストメンバーで来ていたことを考えると、ポジティブなことは少なくありません。いいプレイをした選手もいた」と述べている。

さらに「特に若いGK中村選手がいろいろな場面で解決策を見つけてくれて、良い発見でした」や「代表初招集の伊東選手も、ボールを持つと仕掛けて相手を抜き去る能力を見せてくれました」と具体的な名前も出し、“柏レイソルコンビ”を称賛した。

はたして、日本代表はこの勢いで東アジア選手権を制することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ