リーグ戦2試合連続ドローのバルサ ウムティティが負傷でクラシコ出場が絶望的に

戦線離脱を余儀なくされたウムティティ photo/Getty Images

右足のハムストリングを負傷

2日にリーガ・エスパニョーラの第14節が行われ、同リーグ首位のバルセロナがセルタに2-2で引き分けた。

バルセロナが1点をリードする展開で迎えた70分に、アクシデントが発生。同クラブDFサミュエル・ウムティティが自陣左サイドでイアゴ・アスパス(セルタ)と並走中に右足を負傷。同点ゴールを与えるきっかけを作ってしまった同選手だが、右足のハムストリングの負傷により、全治に約8週間を要することがクラブ公式Twitterで明らかとなった。

23日にレアル・マドリードとの大一番(同リーグ第17節)を控えているバルセロナ。不動のセンターバックとして君臨してきた同選手を欠くことになった同クラブだが、浅い最終ラインの背後を突かれる悪癖を改善し、再びチームを軌道に乗せることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ