S・ラモスへの顔面キックはPKを与えられるべきだった!? 元審判員はファウルと主張

治療を受けるセルヒオ・ラモス photo/Getty Images

リュカ・エルナンデスの足がラモスの顔面に

18日に行われたアトレティコ・マドリードとレアル・マドリードのマドリード・ダービーはスコアレスドローに終わった。ダービーらしく何度か両チームの選手が揉める場面もあったが、中でも目を引いたのがアトレティコDFリュカ・エルナンデスがレアルDFセルヒオ・ラモスの顔面を蹴りあげてしまったシーンだ。

36分、カゼミロが折り返したボールをラモスがヘディングでゴールに押し込もうとしたのだが、そこにリュカ・エルナンデスの足が入ってしまった。ラモスは鼻骨を骨折し、血も出ていた。このプレイはファウルと判定されなかったのだが、スペイン『as』によると元審判員のイトゥラルデ・ゴンサレスはレアルにPKが与えられるべきだったと考えているようだ。

リュカ・エルナンデスも意図的にラモスの顔を蹴ったわけではないはずだが、ゴンサレスは「あれはPKだ。アトレティコの選手が遅れて入っていたからね」とコメントしており、リュカ・エルナンデスのファウルとしてレアルにPKが与えられるべきとの見解だ。

今季レアルはリーガ・エスパニョーラでPKを与えられていないことが話題を呼んでいるが、今回もPKとはならなかった。これがPKと判定されていれば試合の流れは大きく変わったはずだが、リュカ・エルナンデスの顔面キックはファウルと判定すべきだったか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ