昔はクリンスマン、クローゼらがいたのに なぜドイツからストライカーは消えたのか「衰退の原因の一つは得点力不足だ」

長く代表で活躍したクローゼ photo/Getty Images

偽9番など追いかけすぎたトレンド

ドイツ代表に絶対的なエースストライカーは出てこないのか。この課題は、EURO2024が迫る現在もドイツサッカー界の悩みの種となっている。

過去のドイツにはゲルト・ミュラーやユルゲン・クリンスマン、21世紀ではミロスラフ・クローゼなど絶対的なエースがいた。今のドイツにもテクニシャンは数多く揃うが、いわゆるゴールゲッターと呼べるタイプの選手は多くない。

英『BBC』はドイツからなぜストライカーが消えたのかと取り上げているが、元代表選手のシュテファン・フロイント氏も世界の頂点に立てていない理由がここにあるのではと語る。
「これは我が国にとって非常に大きな意味を持つ。過去には(ゲルト・)ミュラー、クリンスマン、フェラー、そして最近ではクローゼなど、ゴールを決める選手が常にいた。しかしクローゼ以来、我々には本当にワールドクラスのストライカーがいない。それこそ我々が世界のトップに立てていない理由かもしれない」

ドイツは2014年のワールドカップ・ブラジル大会を制しているが、この頃よりドイツでは『偽9番』のアイディアも生まれてきていた。マリオ・ゲッツェを最前線で起用するなど、ヨアヒム・レーヴの下でサッカー界のトレンドを取り入れるテストが行われてきたのだ。同メディアは、こうした取り組みもセンターフォワード不足に繋がった原因ではないかと見ている。

「彼らの衰退の原因の一つは得点力不足だ。2014年ワールドカップ以降に出場した4つの主要大会で、彼らは21ゴールしか決めていない。それ以前の4大会では50ゴールも決めていたのにだ。ドイツ代表のプレイスタイルが変化した始まりは、おそらく2010年頃よりスペインがストライカーの代わりに偽9番を起用し始めた時まで遡るかもしれない」

それは育成の現場にも影響を与える。ドイツのコンスタンティン・エックナー記者は、今のドイツではユース年代でも優秀なストライカーが育たなくなったと嘆く。

「ドイツのユースチーム、例えばブンデスリーガのビッグクラブの19歳以下や17歳以下を見てみると、才能あるウイングやプレイメイカーはたくさんいるが、高度なスキルを持ったストライカーはあまり出てこない。サイズはあるけど、テクニックレベルがあまり高くない選手がストライカーとしてプレイしているイメージだ。そうした選手はブンデスリーガのトップチームに昇格すると、テクニックが不足していることが問題になる」

EURO2024では誰がゴールゲッターに?

今回のEURO2024へ代表監督のユリアン・ナーゲルスマンはFW枠でカイ・ハフェルツ(アーセナル)、ニクラス・フュルクルク(ドルトムント)、デニス・ウンダブ(シュツットガルト)、マクシミリアン・バイアー(ホッフェンハイム)、そしてベテランのトーマス・ミュラー(バイエルン)を招集しているが、絶対的エースと呼べる存在は見当たらないか。

ハフェルツはアーセナルでも最前線に入る機会が多いが、偽9番のアイディアに近いタイプの選手だ。今季ブンデスリーガで16ゴールを挙げた21歳のバイアーが伸びてきたのは好材料だが、代表ではまだまだ実績が乏しい。今大会でもエースとは呼べない。

同メディアはドイツサッカー連盟が2年前から子供たちに『ゴールを決める喜び』を知ってもらえるよう育成プランの改革に着手し始めたと伝えているが、ストライカー育成は短期間で出来るものではない。ドイツの課題解決にはもう少し時間を要するだろう。

今回のEUROは自国開催ということもあり、ドイツにかかる期待は大きい。頂点を目指すには得点力が不可欠だが、ナーゲルスマンに解決策はあるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ