ケインとの交渉は依然難航中 プランBの彼がマンC加入すれば来季も偽9番を継続か

モレノのイングランド行きはあるのか photo/Getty Images

移籍金も安く済みそうだ

昨季までチームを支えたセルヒオ・アグエロがクラブを退団し、新しいストライカーの獲得を目指しているマンチェスター・シティ。本命はトッテナムのハリー・ケインと言われているが、金額面で交渉は難航しているようだ。

そこで英『Manchester Evening News』はメンフィス・デパイ、ダニー・イングス、ロメル・ルカク、アレクサンデル・イサク、ジェラール・モレノ、アンドレ・シウバの6名をケインの獲得が失敗した際のプランBに挙げている。

そうそうたる面々の名前が挙げられているが、興味深いのはビジャレアル所属のモレノか。

昨季ELを制してリーグ戦では23ゴールと大量得点を記録しており、現在開催中のEURO2020にもスペイン代表として出場している。29歳と今後数年の稼働が見込めるが、負傷での離脱が多いのが懸念点か。

それでも彼のプレイスタイルはマンCが昨季基本スタイルとした偽9番とピッタリ一致し、フィットにも時間がかからないだろう。また、彼が来ることによって偽9番のスタイルに磨きがかかる可能性がある。

そもそも今季のスタイルはアグエロの不在から選択したプランBであり、事前に考えていたとは考えにくい。それがCLファイナルに上り詰めるまでチームに偽9番を浸透させることに成功しており、今後も継続してのブラッシュアップを期待したい。

もちろん、ケイン獲得が最優先だが、経験豊富なベテランストライカーの加入も、チームにとって大きな財産となるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ