アザールもエジルも評価ダウン? FIFA21気になる“6人”の能力低下予想組

レアルのアザール photo/Getty Images

現実で苦戦しているとの評価か

10月9日、大人気サッカーゲームシリーズ『FIFA』の最新作であるFIFA21が発売される予定となっている。

それを前に米メディア『Dexerto』は、「最新のFIFA21で能力が落ちる可能性がある選手」と題した特集を組んでいる。

ゲーム内での選手のレーティングには現実のシーズンのパフォーマンスが反映される傾向にあり、苦戦している選手の能力は前作より下がることになるかもしれない。

今回同メディアが挙げたのは全部で6人だが、いずれもビッグクラブでプレイする選手ばかり。

アーセナルからは出場機会の増えないMFメスト・エジル、パフォーマンスが批判されることもあるDFダビド・ルイスの2人が選ばれている。

同メディアの予想では、エジルは前作のレーティング84から81あたりまで低下。ダビド・ルイスは83から79あたりまで低下すると紹介されている。

さらにはバイエルンでも重要な存在になり切れなかったMFフィリペ・コウチーニョ(86→84)、パリ・サンジェルマンでマウロ・イカルディに押し出される格好となったFWエディンソン・カバーニ(88→84)。

マンチェスター・ユナイテッドで影が薄くなっているMFジェシー・リンガード(82→78)。

そしてレアル・マドリードで怪我の目立つシーズンを過ごすFWエデン・アザール(91→88)だ。

こう言われると納得するしかない6名だが、最新作FIFA21にて能力はどう変わってくるのか。もちろん急上昇する選手もいるはずで、そうした前作からの成長や後退もFIFAシリーズの楽しみな点の1つだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ