ペップには未知なる勝ち点差8の戦い 守備崩壊のマンCは早くも3連覇へ黄信号

マンCを指揮するグアルディオラ photo/Getty Images

珍しく大差を追いかける形に

リーグ戦8試合を消化した段階で9失点。王者マンチェスター・シティの2019-20シーズンは苦しいスタートとなった。昨季は8試合終了段階で失点を3点に抑えており、今季の方が苦しい立ち上がりになっているのは明らかだ。

英『Daily Mail』は、ジョゼップ・グアルディオラにとって最大の試練だと主張する。グアルディオラはこれまでバルセロナ、バイエルン、マンCでタイトルを量産してきたが、リーグ戦で追いかける立場になったことはほとんどない。基本的に序盤からロケットスタートを切り、リーグ戦を自分たちのペースでリードする方法で頂点に立ってきた。ところが、今季はすでに首位リヴァプールと勝ち点差が8もついてしまった。グアルディオラにとっては非常にレアな経験と言える。

マンCが苦戦している原因の1つは怪我人だ。特にセンターバックのアイメリック・ラポルテが長期離脱してしまったことは大きな問題となっており、昨季限りで退団したDFヴァンサン・コンパニの後釜も獲得しなかった。明らかにセンターバックの枚数は不足しており、失点数が増えるのも当然と言える。

昨季のマンCは黒星の数を4つに抑え、リヴァプールとのデッドヒートを制した。ところが今季はすでに黒星が2つ。しかもライバルのリヴァプールは開幕8連勝と絶好調で、勝ち切る力を身につけている。リヴァプールが昨季マンCとのレースに敗れたのは引き分けが7試合もあったからだが、その課題をここまでは完璧にクリアしている。

同メディアはマンCがリヴァプールを追い越すには、リヴァプールとの直接対決2試合での白星が絶対条件と伝えている。最初の直接対決は11月10日に予定されており、ここで負けるようなことがあればゲームオーバーとなってもおかしくない。グアルディオラのチームが8ポイントも追いかけるのは珍しい経験だが、グアルディオラはプレミア3連覇へチームを立て直せるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ