スペイン代表は”Bチーム”でもワールドクラス!? 今回招集されていない選手で組むベストイレブン

今回スペイン代表から漏れたモラタ photo/Getty Images

W杯のメンバー入り争いは熾烈

ブラジル代表、フランス代表、ドイツ代表とともに2018ロシアワールドカップの優勝候補に挙げられるスペイン代表は、16日にドイツとアルゼンチン代表と戦う親善試合に向けた代表メンバーを発表した。ここにはマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアやレアル・マドリードのセルヒオ・ラモス、イスコ、マルコ・アセンシオ、バルセロナのジョルディ・アルバ、アンドレス・イニエスタなど豪華な面子が揃っているのだが、スペインのタレント力はこの程度ではない。

今回スペイン『MARCA』は、代表メンバーから漏れた選手たちでスタメンを作成。こうして見ると、代表に呼ばれるべき実力者たちがズラリと顔を揃えている。

GK:セルヒオ・アセンホ(ビジャレアル)

DF:セルジ・ロベルト(バルセロナ)、ナチョ・モンレアル(アーセナル)、マルク・バルトラ(レアル・ベティス)

MF:アシエル・イジャラメンディ(レアル・ソシエダ)、セスク・ファブレガス(チェルシー)、ビトーロ(アトレティコ・マドリード)、ファン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド)

FW:ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)、ジェラルド・モレノ(エスパニョール)、アルバロ・モラタ(チェルシー)


ややセンターバックは寂しいが、それでも強豪クラブに所属する実力者は多い。特に複数ポジションをこなすセルジ・ロベルト、マンUでチャンスメイクを連発するマタ、セスクは戦力になるように思えるが、代表監督フレン・ロペテギは呼んでいない。モラタも本来は代表でスタメンを確保すべき選手で、ここからW杯本番までに調子を取り戻すことが期待される。

今回メンバーから漏れたメンバーで組む11人も豪華なスペインは、やはりロシアW杯で優勝候補に挙げられるにふさわしいチームと言える。まだ最終メンバー発表まで時間は残っており、今後も激しいバトルとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ