FC東京、第2節・仙台戦後に平山相太氏の引退セレモニー実施 歴代ユニフォームも展示へ

FC東京時代の平山相太氏 photo/Getty Images

FC東京とベガルタ仙台のファンへ挨拶

FC東京は2月28日、2017シーズンをもって現役を引退した元日本代表FW平山相太氏の引退セレモニーを実施すると発表した。3月3日に味の素スタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第2節のベガルタ仙台戦後に行うとのことだ。

現在32歳の平山氏は国見高校出身で筑波大学へ進学したが、2005年に大学を休学して海外挑戦を決断。オランダの古豪ヘラクレスへ加入した。同クラブではリーグ戦32試合に出場し8ゴールを記録している。

2006年からは戦いの舞台を日本へ戻し、FC東京へ移籍。同年9月にJリーグデビューを果たすと、約11年間にわたってプレイした。そして、2017年シーズンからはベガルタ仙台へ移籍したが、怪我などで出場機会を得られず。公式戦出場がないままシーズンの終わりを迎え、昨季をもって現役生活にピリオドを打った。

引退セレモニーでは、平山氏が現役時代に過ごしたFC東京と仙台のファン・サポーターの前で挨拶。その後、場内を一周することになっている。同氏がこれまで身につけてきた歴代ユニフォーム数点もコンコース上に展示されるようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ