イングランドの至宝に根付く”ダーティー”なイメージ またまたダイブで警告に英紙も呆れる[映像アリ]

デル・アリの行為に問題視 photo/Getty Images

明らかなダイブで警告

4日に行われたリヴァプールとトッテナムの一戦では終盤のFWハリー・ケイン、エリック・ラメラがペナルティエリア内で倒れたことによるPKの判定が話題を集めたが、もう1つ忘れてはならないのがMFデル・アリのダイブだ。

ケイン、ラメラの転倒もダイブだったのではとの意見が出ているが、アリの場合は明らかなシミュレーションと判定されてイエローカードを受けている。アリはイングランドサッカー界の将来を担う人材と期待されており、それにふさわしい能力を有している。しかし、審判の目を欺こうとするダイブや試合中にイライラしてしまうなど、問題行為も目立つ。

英『Daily Mail』はまたアリがやってしまったと今回のダイブを嘆いており、これで2015年以降アリはダイブで3枚もイエローカードを受けていることになる。同期間ではプレミアリーグ最多の数字となっており、汚い手を使う選手とのイメージも根付き始めてしまっている。

以前ダイブで警告を受けた際には、指揮官マウリシオ・ポチェッティーノも「学ぶ必要がある。ダイブのようなアクションは彼のためにならない。チームのためにもフットボールのためにもだ」と苦言を呈していた。今回もダイブで警告を受けてしまったことを考えると、まだ完璧には学んでいないのだろう。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ