レアル、現トッテナム指揮官の招聘に本腰 先方への接触を開始か

今季CLのグループステージでレアルに勝ち越したポチェッティーノ監督(写真中央) photo/Getty Images

ジダン政権は風前の灯火か

今季のリーガ・エスパニョーラ19試合消化時点(1試合未消化)で4位に留まっているレアル・マドリード。首位バルセロナとの勝ち点差が19にまで開いたほか、早くもスペイン国王杯での敗退が決定していることから、ジネディーヌ・ジダン監督の去就問題が取り沙汰されている。

こうした状況のなか、同クラブがマウリシオ・ポチェッティーノ監督(現トッテナム)の招聘に本腰を入れたことが英『Daily Mail』や英『TRIBAL FOOTBALL』で明らかに。既にレアル・マドリードの首脳陣が先方との接触を開始したことが併せて報じられるなど、同監督引き抜きにむけた動きが本格化している。

5位ビジャレアルとの勝ち点差が僅か1と、来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権確保が危ぶまれているレアル・マドリード。28日(日本時間)の0時15分より行われるリーガ・エスパニョーラ第21節(バレンシア戦)で勝利を逃すとなれば、ジダン政権の終焉に拍車がかかる可能性も否定できない。バレンシア戦での同クラブのパフォーマンスに注目が集まる。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ