アタッカーならマンCへ、DFはマンUへ行くべき? オーウェン氏「私ならグアルディオラの下でプレイしたい」

マンU移籍が迫るA・サンチェス photo/Getty Images

A・サンチェスのマンU移籍説に言及

マンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとされるアーセナルFWアレクシス・サンチェスには、これまで様々な意見が出ている。当初はマンチェスター・シティ移籍説が浮上していたことから、マンCとマンUのどちらに行けばいいのかといった議論が存在するのだ。

中にはジョゼップ・グアルディオラの下でプレイすれば制約も多く、アーセナル時代のように自由なプレイは難しくなるといった意見もある。前線の選手に与えられる自由度ではジョゼ・モウリーニョのチームの方が大きく、マンUでプレイする方が良いとの考えだ。

しかし、元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏はグアルディオラのチームでプレイすべきとの見解を示している。英『Daily Mail』によると、同氏はサンチェスと同じFWの立場で考えるならマンCの方が良い選択になるはずと持論を展開しており、モウリーニョの下でのプレイはアタッカーにとって面白くないものとの考えを明かしている。

「もし私がレベルアップしたいのなら、グアルディオラの下でプレイしたいね。もし私がDFなら、モウリーニョのチームでプレイすることを好むかもしれない。ただサンチェスも最終的にはモウリーニョの求めることに従うことになり、彼のパフォーマンスは制限されるだろう」

モウリーニョのチームは守る時間も長く、それはサンチェスにストレスを溜めることになるかもしれない。どちらが合っているかという意見は人によって分かれるだろうが、サンチェスは新天地でも輝きを放てるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ