海外挑戦も噂されたが…… 日本代表FW杉本健勇、新シーズンもC大阪に残留 

C大阪との契約を更新することとなった杉本 photo/Getty Images

海外挑戦は一時保留か

J1のセレッソ大阪は11日、日本代表FW杉本健勇と2018シーズンの契約を更新することで合意に至ったと発表した。

現在25歳の杉本はC大阪の下部組織出身で、2010年にトップチームへ昇格。その後、2015年に川崎フロンターレへ完全移籍したが1年で退団し、古巣であるC大阪へ復帰していた。復帰初年度となる2016シーズンはJ2で41試合に出場し、14ゴールを記録。J1昇格に貢献すると、翌2017シーズンはリーグ戦全34試合に出場している。惜しくも得点王は逃してしまったものの、キャリアハイとなる22ゴールを挙げ、チームをAFCチャンピオンズリーグの出場権獲得となる3位へ導いていた。さらに、昨年11月に行われた川崎との天皇杯・決勝ではキックオフ直後に値千金の先制ゴールを決め、クラブに初のタイトルをもたらしている。

そんな杉本には、日本代表MF柴崎岳が所属するスペイン1部のヘタフェが興味を示すなど、今冬の海外挑戦が噂されていたが、2018シーズンもC大阪でプレイすることが決まった。W杯イヤーということもあり、新シーズンのさらなる活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ