「ポグバを抜いて戦った方がよくなる。彼はトッププレイヤーではない」 若き才能に痛烈批判!

ポグバのパフォーマンスは不十分なのか photo/Getty Images

スコールズ氏に続いて強烈な批判

先日、マンチェスター・ユナイテッドのOBであるポール・スコールズ氏がMFポール・ポグバのパフォーマンスを批判した。スコールズ氏はユヴェントス時代のポグバの方が輝きを放っていたと指摘し、これに指揮官ジョゼ・モウリーニョが反撃する事態となった。

英『Daily Mirror』によると、このスコールズ氏の批判に続いたのが、元アイルランド代表選手である解説のイーモン・ダンフィー氏だ。同氏のポグバ批判はスコールズ氏のものより強烈で、マンUが獲得に費やした9000万ポンドは馬鹿げていると主張。同メディアが「容赦ない」と驚くほどはっきりとした批判を展開している。

「ポグバに関してはメディアによって過剰に評価されているところがあり、私はスコールズの言葉の全てに賛同する。スコールズは解説者として質が高いし、何より優れた選手だった」

「ポグバへの9000万ポンドは馬鹿げたものだ。ポグバは不十分だ。どのシステムでプレイするかといった問題ではなく、彼はトッププレイヤーではない。ユナイテッドは彼を抜いて戦った方が良くなるだろうね。もし2000万ポンドなら、良い取引だったと思うだろう」

現在のマンUは攻撃の組み立ての部分においてポグバに頼っているところも多いが、同氏はポグバ抜きの方が良くなるはずと大胆な発言をしている。加えて「サッカー脳がない」とまで指摘しており、ポグバのプレイの選択やポジショニングなどに疑問があるのだろう。

「彼は極めて普通の選手だ。シーズンに8、9ゴールも決めることはないだろう」

果たしてポグバはこうした批判にどう反応するのだろうか。9000万ポンドの移籍金が適正なものと証明するには、さらに決定的な働きをするしかない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ