マンUでもジェネレーションギャップ? 奔放な若者ポグバにイブラらベテラン勢が不満か

マンUのポグバ photo/Getty Images

12月初めにはトレーニングに遅刻も

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバはすでにチームの中心選手となっているが、24歳の若きスター選手とベテラン勢との間にはジェネレーションギャップが存在するのかもしれない。

英『Daily Mail』によれば、ポグバは12月の初めのトレーニングに遅刻してしまったことがあるという。クラブのスタッフが電話をかけても出ず、完全に寝過ごしていたために家までスタッフが起こしに行く事態となったようだ。また、これだけに限らずチームのベテラン勢はポグバの態度など気に入らない部分もあると伝えられており、同メディアはそのベテラン勢がマイケル・キャリック、アシュリー・ヤング、そしてズラタン・イブラヒモビッチだと伝えている。

ポグバはジェシー・リンガードらとともにチームに元気を与える若手選手だが、ロッカールームでダンスしていることにクラブOBのリオ・ファーディナンド氏やロイ・キーン氏が苦言を述べることもあった。今の若手選手の感性にベテラン勢がついていけないところがあるのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ