アグエロ、ケイン、ルカクらの予想覆すペース プレミア得点王争いをリードするのは”右ウイング”

リヴァプールで大暴れのサラー photo/Getty Images

14戦12得点と大爆発

今季開幕当初は、トッテナムFWハリー・ケイン、マンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカク、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、チェルシーFWアルバロ・モラタ、アーセナルFWアレクシス・サンチェス、アレクサンドル・ラカゼットらの間で得点王争いが行われるとの予想が大半だった。しかし、リーグ戦14試合を消化した段階でトップに立っているのはリヴァプールFWモハメド・サラーだ。

サラーはFW登録の選手だが、あくまで右のウイングを主戦場とする選手だ。最前線に構えるケインやルカクとはポジションが異なる。そこで14試合出場12得点の成績を残しているのは見事で、得点力が驚くほど高い。

英『Daily Mirror』もその決定力に驚いているが、サラーはここまでアグエロと並ぶ87分に1得点の数字を残している。プレミア、そして世界を代表するストライカーの1人であるアグエロと同じペースでネットを揺らす選手が右のウイングを任されているのは衝撃でもある。

同メディアも「ペースが止まらない」と衝撃ぶりを伝えているが、サラーの勢いはどこまで続くのか。仮にこのまま得点王争いをリードすることになれば、誰も予想しなかったサプライズとなるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ