これぞ“一流選手”のやりとり!? ラキティッチとブッフォンのやりとりが話題

W杯予選敗退が決まり涙を流すブッフォン photo/Getty Images

ブッフォンのW杯不参加は敵であっても悲しい

22日にチャンピオンズリーグのグループステージ第5節が行われ、ユヴェントスとバルセロナが対戦する。バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチと、ユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの、試合前のやりとりが話題を呼んでいる。

ユヴェントスとのビッグマッチを前に、記者会見に出席したラキティッチ。先日行われたスウェーデン代表との欧州予選プレイオフに敗れ、イタリア代表生活最後のW杯を逃したブッフォンについて聞かれると次のように述べていた。

「彼がサッカーでしてきたことは信じられないことばかりだし、僕のポジションを譲りたいくらいだよ。子供たちが理想のラインナップを書くとしたら、GKにはブッフォンを選ぶだろう。試合終了後のブッフォンの涙を見たとき、説明できないような感情が溢れてきた。彼のような選手が6度目のW杯へ出場できず、キャリアを終えるのは本当に残念。もし可能ならば、僕のチャンスを本当に彼にあげたいくらいなんだ」

これを受けて、ブッフォンも自身の公式Twitterを更新。ラキティッチへ感謝のメッセージを送り返している。

「親愛なるラキティッチへ。私はGKとしてはまだプレイできたかもしれないが、君の代わりにクロアチア代表のMFとしてプレイするのは、良いアイデアではないよ。冗談はさておき、君の言葉は素晴らしい贈り物だった。ありがとう」

やはり、これまでサッカー界を牽引してきたレジェンドGKが最後のW杯に出られないのは、敵であっても悲しいことのようだ。そして、自信を称えたラキティッチのコメントに対して、ジョークを交えながらしっかり感謝の意を伝える、さすがブッフォンといったところだろうか。これぞ「一流選手」のやりとりなのかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ