バイエルン、老将ハインケスに続投要請へ ヘーネス会長が明言 

瞬く間にバイエルンを立て直したハインケス監督 photo/Getty Images

「“プランB”は存在しない」

カルロ・アンチェロッティ前監督の解任に伴い、昨年10月にバイエルン・ミュンヘンに復帰したユップ・ハインケス監督。厳格な規律に基づくチームマネジメントや前線からの連動したプレスを植え付けたことが功を奏し、今季のブンデスリーガ第20節終了時点で同クラブを首位に導いている(2位との勝ち点差16)。

こうした状況のなか、同クラブのウリ・ヘーネス会長が同監督の去就について言及。同監督に来季以降の続投を要請する意向を明らかにした。独『RP ONLINE』や独『sport1』が伝えている。

「彼がもう1年このクラブに留まってくれることを願っているし、我々としては彼の慰留に努めたい。(監督人事について)“プランB”は存在しないよ」

かねてより今季限りでの退任を明言しているハインケス監督だが、クラブ首脳からの信頼は厚い。首脳陣からのラブコールにどのような反応を示すかに注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ