チェルシー、宿敵から“スーパーサブ”を強奪へ

昨夏にも移籍の噂が浮上したジルー photo/Getty Images

ジェコの獲得交渉が難航

今季のプレミアリーグ第24節終了時点で、首位との勝ち点差15の3位につけているチェルシー。同リーグ連覇が絶望的となったほか、24日に行われたカラバオ杯の準決勝(2ndレグ)でアーセナルに敗れて敗退の憂き目に遭うなど、芳しくない状況が続いている。

こうした状況のなか、同クラブが現アーセナル所属FWオリヴィエ・ジルーの獲得に乗り出したことが英『THE Sun』や英『TRIBAL FOOTBALL』で明らかに。かねてよりFWエディン・ジェコ(現ローマ)の獲得に本腰を入れていた同クラブだが、先方の抵抗に遭い交渉が難航。チェルシーが同選手の獲得を諦め、ジルーにターゲットを変更したという見方が併せて報じられた。

ピエール・エメリク・オバメヤン(現ドルトムント)とのトレードの噂が各メディアで伝えられるなど、アーセナル退団への気運が高まっているジルー。昨夏にエヴァートンへの移籍が決まりかけていたことで知られる同選手だが、チェルシーからのラブコールにどのような反応を示すのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ