イングランドでビデオ判定制度導入も…… FA杯で早くも問題発生[映像アリ]

疑惑のゴールに不快感を露わにしたホジソン監督 photo/Getty Images

ハンドによるゴールを見逃しか

8日にFAカップの3回戦が行われ、クリスタル・パレスがブライトンに1-2で敗れた。

87分にブライトンのFWグレン・マレーに勝ち越しゴールを奪われ、敗退の憂き目に遭ったクリスタル・パレス。同選手が腕を使ってボールをゴール内に押し込んだと思われたが、主審の判定は覆らず。クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督は試合後に行われたインタビューで、前述の場面でビデオアシスタントレフェリー制度(VAR/ビデオ判定)が採用されなかったことに対し不快感を露わにした。英『BBC SPORT』が伝えている。

「あの判定は我々にとって非常に厳しいものだ。おそらく彼は手を使ってゴールを奪ったと思う。もし私が選手の立場であれば、VARが使われなかったことに驚くだろう」

欧州の各リーグで普及し始めているビデオアシスタントレフェリー制度。この度イングランド(FA杯)で試験的に導入されたものの、同試合では同制度を有効活用するには至らなかった。同制度の濫用により試合が頻繁に中断される、主審の存在意義が損なわれるなど解決すべき課題は多いが、今後も同制度導入の是非をめぐり様々な議論が巻き起こりそうだ。


参照元:youtube(当該場面は2分04秒~)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ