香川の”芸術弾”の衝撃が止まらない! ブンデス2017年ベストゴールアンケートで驚異の3位[映像アリ]

アウグスブルク戦で芸術弾を決めた香川 photo/Getty Images

TOP3入りの人気

W杯イヤーの2018年、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の美技に期待だ。ブンデスリーガ公式は2017年に国内リーグで生まれたスーパーゴールBEST10を紹介し、どれが最も美しいゴールだった
のかアンケートを取っているが、そこにはアウグスブルク戦で香川が決めたループシュートも選出されているのだ。

味方の横パスにダイレクトで合わし、GKの位置を冷静に見極めて決めたループ弾は実に芸術的だった。香川は以前も同じようなループシュートを決めており、得意パターンの1つなのだろう。

現在同サイトのアンケートでは、香川のゴールは3番目に多い12%の得票数を獲得している。4位はライプツィヒ戦でバイエルンDFダビド・アラバが決めた直接フリーキックで8%、2位はバイエルン戦でドルトムントDFマルク・バルトラが決めたカーブショットで24%、そして1位にはボルシアMGのFWラファエウがヘルタ・ベルリン戦で決めた豪快なロングシュートが32%の票を獲得している。

香川のゴールも非常に高い評価を受けており、ブンデスリーガファンも香川のさらなる閃きに期待していることだろう。2018年には日本代表でも同じような芸術を披露してほしいところで、ブンデスリーガが再開する14日から良いスタートを切ってもらいたい。

1位:ラファエウ(ヘルタ・ベルリン戦)



2位:バルトラ(バイエルン戦)




3位:香川(アウグスブルク戦)




4位:アラバ(ライプツィヒ戦)




参照元:youtube、twitter
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ