岡崎の嗅覚に対応できず 吉田麻也「前半に不用意な3失点を喫してしまった」

吉田もゴールを挙げる活躍を見せたが…… photo/Getty Images

岡崎の2ゴールも含め4失点

サウサンプトンはプレミアリーグの中でも堅守で知られるクラブだが、13日のレスター・シティ戦では4失点と崩壊してしまった。この試合に先発した日本代表DF吉田麻也にとっては悔しい結果となったことだろう。何より4失点のうち2点は日本代表のチームメイトであるFW岡崎慎司に奪われたものだ。

クラブ公式によると、吉田も前半から不用意な失点が続いたことを反省しており、ここからリスタートを切らなければいけないとコメントしている。

「前半に不用意な3失点を喫してしまった。後半に盛り返そうとしましたけど、十分ではなかったですね。12月はまだ試合がたくさんありますし、次はチェルシーとのビッグゲームです。難しくなると思いますけど、チームのスピリットを見せないといけない」

吉田も岡崎の特徴を誰より理解していたはずだが、1点目はこぼれ球を押し込まれ、2点目はクロスに自身の目の前で合わされてしまった。吉田も岡崎の活躍は嬉しいだろうが、複雑な結果となった。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ