井手口の移籍先で注目集めるリーズGKがとんでもない珍プレイ! 何てことないボールがゴールに[映像アリ]

リーズの守護神ヴィートヴァルト photo/Getty Images

バウンドを合わせることに失敗

イングランドの2部にあたるフットボール・チャンピオンシップに所属するリーズ・ユナイテッドといえば、現在日本代表MF井手口陽介の移籍先として話題になっているクラブだ。すでに井手口の獲得で合意に達しており、今後は日本のサッカーファンからも注目されるクラブとなるだろう。

そんなリーズだが、10日に行われたQPR戦では非常にまずい形で注目を集めることとなった。守護神のフェリックス・ヴィートヴァルトが衝撃の珍プレイを見せてしまったのだ。リーズは後半ロスタイムを迎えた時点で2-0とリードしていたのだが、QPRのDFパヴェウ・ヴショウェクがゴール前に放り込んだボールへの対応を誤ってゴールを許してしまったのだ。

ヴショウェクのロングボールは精度も高くなく、QPRの選手も反応していなかった。しかしリーズのGKヴィートヴァルトはバウンドを合わせることに失敗し、ボールは自身の頭の上を超えてゴールに入ってしまった。結局試合には3-1で勝利したものの、トップレベルでは許されないプレイだ。

リーズは2部で7位と昇格が難しい位置にいるが、井手口は将来ここで成長してステップアップできるのか。プレイのクオリティには少々不安が残る部分もあるようだ。





参照元:twitter

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ