“現世界最高の10代プレイヤー”は誰だ!? ブンデス公式がスキル、姿勢を絶賛するのは

ドルトムントで存在感を増すプリシッチ photo/Getty Images

香川の同僚こそ世界最高の10代?

現在のサッカー界では10代の頃から欧州トップクラブで活躍する選手も多く、20歳を過ぎれば若手とカウントしてもらえないケースだってある。では、現在世界最高の10代は誰なのか。

昨季からの活躍を考えるとパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアム・ムバッペが真っ先に思いつくが、ブンデスリーガ公式はドルトムントでプレイするアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチこそ最高の10代プレイヤーではないかと主張している。すでに解任されてしまったが、前指揮官ピーター・ボスもプリシッチの縦への推進力を信頼し、ウイングとして起用してきた。今夏にウスマン・デンベレがバルセロナに移籍したこともチャンス増加に繋がり、プリシッチはすっかりドルトムントの主力になっている。

ここまでブンデスリーガ通算では7得点とやや物足りないところもあるが、10代でこの数字なら十分だろう。残念ながらアメリカ代表は2018ロシアワールドカップ出場権を逃してしまったが、プリシッチはアメリカ代表では10番を任されており、同サイトはプリシッチがいる限りアメリカのサッカー熱が急激に冷めることはないはずと分析している。それほどプリシッチへの期待が大きく、今後はさらに影響力が増してくるとの見方だ。

縦への圧倒的なスピード、足下のテクニックはもちろん、同サイトは10代ながら態度も良く人として成熟していると称賛しており、プレイ以外の部分も含めて最高の10代と認めているようだ。世界最高かは意見が分かれるところだろうが、香川真司の同僚にはドルトムントはもちろん、アメリカサッカー界からも非常に大きな期待がかかっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.194 全試合予想:UCL17/18ラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ