本田圭佑、南米王者に惜敗も…… 地元メディアが贈った惜しみない賛辞 

パチューカの攻撃にアクセントを加えた本田(写真奥) photo/Getty Images

「最善のアプローチを見せてくれた」

12日にFIFAクラブW杯の準決勝が行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカがグレミオに0-1(延長戦)で敗れた。

2列目からの果敢な飛び出しやミドルシュートで終始相手ゴールを脅かした本田。前半終了間際には敵陣ペナルティエリアに侵入してシュートを放つなど、ゴールまであと一歩というシチュエーションを作り出した。最後までパチューカの攻撃を牽引し続けた同選手に対し、メキシコメディア『ESTO』は「フランコ・ハラやビクトル・グスマンの近くで本田が関わった時、パチューカのリズムが変化した。最善のアプローチを見せてくれた」と、惜しみない賛辞を贈っている。

同試合での敗北により、3位決定戦(16日)への出場が決まったパチューカ。南米王者を苦しめた決死のハードワークをこの試合でも発揮し、有終の美を飾りたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ