マンC撃破のシャフタール指揮官が”怪傑ゾロ”に扮して会見に登場! 会場からは笑いも[映像アリ]

喜び爆発

6日にチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でマンチェスター・シティと対戦したシャフタール・ドネツクは、ホームで2-1と勝利。無敗を維持していたジョゼップ・グアルディオラ率いるマンCから見事に勝ち点3を奪ってみせた。すでに決勝トーナメント進出を決めているマンCが主力の一部を休ませていたとはいえ、今のマンCを撃破したのは見事だ。

その喜びもあったのだろう。シャフータルを指揮するパウロ・フォンセカは試合後の会見に「怪傑ゾロ」のマスクを被って登場。マンCに勝利してグループステージ突破を決めれば面白いことをすると宣言していたようだが、その通りゾロに扮して会見場を盛り上げた。

会場からは笑い声もこぼれ、この日は試合を含めフォンセカの狙い通りとなった。一方のナポリとフェイエノールトの一戦でフェイエノールトが今大会初勝利を収めるサプライズを演じたこともあり、シャフータルは悠々とグループ2位の座を確保。マンCとナポリが優位と見られていたグループFを見事に突破した。

指揮官のフォンセカがゾロに扮してマスク、帽子を身につけて喜びを表したことは大きな話題となっており、シャフタールは決勝トーナメントでも注目を集める存在となりそうだ。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ