ついにマンCが黒星も グアルディオラ「我々には黒星も必要だった」

マンCを率いるグアルディオラ photo/Getty Images

いつかは負けると楽観的

6日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のシャフタール・ドネツク戦で、ついにマンチェスター・シティが今季初黒星を喫した。すでにグループ突破を決めていただけに主力の一部を温存させたことも敗因だろう。

しかし、指揮官ジョゼップ・グアルディラは黒星もチームに必要なものだったとの見方を示している。英『Daily Mail』によると、グアルディオラは常に勝利を収められるわけではないと語り、一喜一憂すべきではないと考えているようだ。

「敗北は痛いものだ。負けるのは良いことではない。しかし我々には黒星も必要だった。これは我々にとって良いことになるだろう。何度も言ったが、常に勝つことはできないし、負けることもある。今日がその最初だ。今我々はリカバリーしなければならない。異なるプレミアリーグというコンペティションでね。だが、週末で世界が終わるわけではない。日曜の試合で何が起きても問題はないよ」

無敗を維持していたマンCの選手たちにはプレッシャーもかかっていたことだろう。それを取り除けたという意味では、今回の黒星で少しリラックスすることができるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ