負傷者続出のバルサDFに緊急オプション 「ブスケッツがそのポジションをできる」

ブスケッツならばセンターバックもこなせるか photo/Getty Images

センターバックに回すプランも

ハビエル・マスチェラーノがアルゼンチン代表戦でハムストリングを痛め、サミュエル・ウムティティが右足大腿二頭筋を痛めて8週間離脱することが決まったバルセロナはセンターバックの層に問題を抱えている。

その解決策の1つとして指揮官エルネスト・バルベルデが用意したプランが、アンカーを本職とするセルヒオ・ブスケッツのセンターバック起用だ。5日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のスポルティング・リスボン戦では後半19分にジェラール・ピケを下げてブスケッツを投入し、センターバックをテストしている。

米『ESPN』によると、バルベルデもブスケッツのセンターバック起用を1つのオプションと考えているようで、緊急時にはセンターバックに回していくと語っている。

「このゲームを通してセンターバックにリスクをかけたくなかったんだ。緊急時にはブスケッツがそのポジションをできるからね。彼は中盤のあらゆる場所をこなすが、同時にセンターバックもできる。ここでプレイしたのはこれが初めてじゃないし、ブスケッツのセンターバック起用は別のオプションだよ」

相手のカウンターアタックに対応するスピードなどブスケッツにも不安はあるが、緊急時のオプションとしては十分に計算できるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ