マスチェラーノがバルサ退団意思を表明「ここでの挑戦は終わりに差し掛かった」

今後の動向が注目されるマスチェラーノ(写真奥) photo/Getty Images

2019年までの契約を残しているが……

2010年よりバルセロナに在籍しているDFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン代表)。持ち前のハードな守備で国内リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献してきた同選手だが、今季の国内リーグで先発出場が5試合に留まっていることから、動向が注目されている。

こうした状況のなか、同選手が自身の去就について言及。近い将来における同クラブ退団を示唆した。米『ESPN』が伝えている。

「ここでの挑戦は終わりに差し掛かったと思う。このクラブでは最高の時を過ごさせてもらったし、やり残したこともほとんどない。この経験は絶対に忘れないよ」

バルセロナとの契約を2019年6月まで残しているマスチェラーノ。既にパリ・サンジェルマンへの移籍の噂が英『THE Sun』で報じられている同選手だが、現時点で具体的な退団の時期について言及していない。今後も動向を注視する必要がありそうだ。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ