ラツィオ戦で決勝点のナインゴラン、実は満身創痍のローマダービーだった!?

85分までプレイし、決勝ゴールを挙げたナインゴラン photo/Getty Images

痛み止めを打ってプレイ

ローマは18日、セリエA第13節で宿敵ラツィオと対戦し、2-1で勝利を収めている。この試合で決勝ゴールを挙げ、勝利に貢献したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランだが、実は満身創痍の中でプレイしていたようだ。

代表での怪我で、ローマダービーの欠場も噂されていたナインゴランは、無事スタメンに名を連ね、85分までプレイ。1点リードして迎えた53分には、狙い澄ましミドルシュートをゴール左に決め、怪我の影響を感じさせないパフォーマンスを披露していた。

しかし、ベルギー『sporza』のインタビューに応じた際、ナインゴランは「オレも普通の人なんだ。ベルギー代表で少し怪我をしてしまったから、ちょっと早く戻ってきた。実は、ラツィオ戦のためにいくつか痛み止めを打っていたんだ。オレはどうしてもそこに立ちたかったからね」とコメント。ラツィオ戦への出場は強行出場だったようだ。さらに「土曜日の試合中も少し痛みを感じていたし、正直80〜85%しか僕の能力は出せなかった」と明かしている。

この一戦で先制ゴールを挙げたディエゴ・ペロッティが試合後のインタビューで、ナインゴランについて「彼の身体は何で作られているんだろう。人間じゃないね」と述べ、脱帽させられていた。痛み止めを打ってのプレイで、あれだけの活躍。やはり「ベルギーのニンジャ」の能力は、人間離れしていた。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ