ベルギー戦で久保裕也が受けたブーイングが物議? 国内では敬意を欠いた行為と問題視

ベルギー戦に出場した久保裕也 photo/Getty Images

代表戦にクラブの考えを持ち込むことに違和感

先日おこなわれたベルギー代表と日本代表の親善試合が、ベルギー国内で議論を呼んでいる。それは戦い方の話ではなく、サポーターが特定の選手にブーイングしたことについてだ。

ブーイングを受けた1人は、日本代表FW久保裕也だ。久保はベルギーのヘントでプレイしているため、今回試合が行われたベルギー国内でも有名な存在だ。歓迎されても良いはずだが、今回使用されたスタジアムはヘントのライバルであるクラブ・ブルージュの本拠地ヤン・ブレイデルスタディオンだった。そのため、ライバルクラブの選手であった久保が途中投入された際にブーイングが起こったのだ。

さらにベルギー代表のスティーブン・デフールが投入された際にもブーイングが起こっており、同選手も過去にライバルクラブに所属していたとの理由からターゲットにされてしまったようだ。

ベルギー『Voetbal24』によると、現在ベルギー国内では代表戦の応援にもクラブの考えを持ち込んでブーイングする行為に批判的な意見が挙がっており、改善すべきと議論になっているのだ。同メディアのアンケートでも73%はやめるべきと答えており、久保へのブーイングなど敬意を欠いた行為が問題視されている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ