CL早期敗退のモウリーニョが苦しい“自己保身” 何を言った? 

セビージャ戦を終えたモウリーニョ監督 photo/Getty Images

「私がポルトやレアル・マドリードにいた時も……」

13日にUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16(2ndレグ)が行われ、マンチェスター・ユナイテッドがセビージャに1-2で敗れた。同試合の結果により2戦合計スコアが1-2となり、マンチェスター・ユナイテッドの敗退が決定している。

同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は試合後に行われたインタビューで、前述の結果が失望に値しないことを強調した。英『The Guardian』が伝えている。

「この敗戦をドラマにするつもりはないし、まるでこの世の終わりのように扱うつもりもない。これ(CLラウンド16敗退)は昔のマンチェスター・ユナイテッドにもあったことだ。私がポルトやレアル・マドリードを率いていた頃のことだよ。特段新しい出来事ではない」

同クラブの過去の戦績を引き合いに出し、周囲の失望を抑えようという意図が窺えるモウリーニョ監督だが、近年の大型補強に見合う成果をあげたとは言い難い。この自己保身や自己弁護とも受け取れる発言を受け、現地のサポーターがどのような反応を示すかに注目が集まる。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ