ベイルに新たな移籍先候補が浮上 獲得に乗り出したのは……

度重なる負傷に悩まされているベイル photo/Getty Images

ブンデス屈指の強豪が熱視線

2013年よりレアル・マドリードに在籍しているFWガレス・ベイル。同クラブの選手として76得点(全公式戦)を挙げている同選手だが、近年は度重なる負傷に悩まされている。

移籍の噂が絶えない状況のなか、新たにバイエルン・ミュンヘンが同選手の獲得に乗り出したことが英『TRIBAL FOOTBALL』で明らかに。ベテランの域に差し掛かったアリエン・ロッベンの後釜として、バイエルン・ミュンヘンが同選手をリストアップ。既にフロレンティーノ・ペレス会長(レアル・マドリード)が同選手の売却に前向きな姿勢を示しているほか、バイエルン・ミュンヘンの首脳陣が同選手の代理人との接触を開始したことが併せて報じられるなど、移籍にむけた動きが本格化している。

今季のリーガ・エスパニョーラで先発出場が7試合に留まるなど、依然として本来の調子を取り戻せていないベイル。クラブ内での立場が揺らいでいる状況のなかで、改めて自身の存在感を示すことができるだろうか。同選手の今後のパフォーマンス、ならびに去就に注目が集まる。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ