レアル&リヴァプールが首ったけの“独代表エース” ライプツィヒ残留が濃厚に

ドイツ代表の新エースとして注目されているヴェルナー photo/Getty Images

指揮官が放出を拒否

昨年よりライプツィヒに在籍しているFWティモ・ヴェルナー(21歳)。今夏に行われたコンフェデレーションズカップで得点王に輝くなど、ドイツ代表の若きエースとして注目されている同選手だが、かねてよりレアル・マドリードやリヴァプールへの移籍が噂されていることから、動向が注目されている。

こうした状況のなか、同選手のライプツィヒ残留が既定路線となったことが英『TRIBAL FOOTBALL』で明らかに。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督(ライプツィヒ)が「彼は今やドイツ屈指のストライカーだ。彼を売る気はない」と断言したことから、一連の報道の信憑性が高まっている。

今季はブンデスリーガのみならず、UEFAチャンピオンズリーグでも得点を量産しているヴェルナー。既に国内外のコンペティションで猛威を振るっている同選手だが、来年に行われるロシアW杯での活躍、並びに今後のキャリアアップが期待される選手と言っても過言ではない。同選手の更なる飛躍に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ