アーセナル、エジルの慰留にむけ“クラブ史上最高給”を提示か

今季限りで現行契約が満了となるエジル photo/Getty Images

未だに契約更改が実現せず

2013年にレアル・マドリードからアーセナルに移籍したメスト・エジル。非凡なパスセンスを活かしてアーセナルの攻撃を司ってきた同選手だが、好不調の波の激しさが災いし、クラブ内での立場が微妙なものに。今季限りで満了となる現行契約の更改にも応じていないことから、去就が注目されている。

一連の交渉が難航するなか、アーセナルが同選手の待遇の見直しを検討していることが英『Mirror』や英『TRIBAL FOOTBALL』で話題に。週給としてクラブ史上最高額にあたる30万ポンド程度(約4545万円)の提示も辞さない構えを見せていることが併せて報じられた。

契約更改に先立ち、週給の改善のみならず背番号10の譲渡を求めていることが各メディアで伝えられているエジル。アーセナルが歩み寄りの姿勢を見せるなかで、同選手がどのような反応を示すかに注目したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ