“起用法”を明かした浦和の堀監督「最後の部分のバリエーションを増やしたかったので……」

ベンチから戦況を見つめる堀監督 photo/Getty Images

サイド起点にゴールを狙うも……

アジア王者の浦和レッズは9日、FIFAクラブW杯・準々決勝で開催国王者のアルジャジーラと対戦し、0-1で痛恨の敗戦。欧州王者のレアル・マドリードと激突する準決勝へコマを進めることができなかった。

試合後、浦和の堀孝史監督がインタビューに応じ、アルジャジーラ戦を次のように振り返っている。

この一戦で堀監督は、AFCチャンピオンズリーグで好調な動きを見せ、日本代表にも選ばれたMF長澤和輝を起用せず、MF矢島慎也をスタメンに抜擢した。そのこともあってか起用法などについて聞かれ、「ボールポゼッションというよりも、攻撃の最後の部分のバリエーションを増やしたいと思っていました。今日の対戦相手に対して、サイドから攻撃をするという意図を持った中で、そういう起用をしました」とコメント。クラブの公式サイトが伝えた。

その上で「前半に1点でも取れていればと思いますが、それでも後半に入るときも、一瞬の隙をつかれて失点しないようにと伝えました。自分たちのミスから失点しまったところはあります。最後まで得点を狙っていましたが、うまくいかず本当に残念」と述べつつ「先制点を取られたときに焦ってしまった部分もあると思いますし、疲れも出てきてミスも増えてしまった部分があったと思います。サイドから起点を作ってゴールを狙っていこうという意図がありましたが、そのへんが少しうまくいかなかった」や「何回かゴール前にボールを運んだのですが、自分たちの最後の部分がうまくいかなかった」と敗因を明かしている。

そして「そういう(レアルと世界の舞台で戦う)チャンスに近づいていたと思いますが、そこは選手もそうですし、我々を応援してくれるファン・サポーターの方も非常に残念に思っていると思います。なかなかこういう機会はないかもしれませんが、また次の試合に向けて、この結果を受け止めてやっていきたい」と語った。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ