去就不透明のマスチェラーノ、バルサ首脳は全力慰留へ

退団が既定路線となりつつあるマスチェラーノ photo/Getty Images

注目される交渉の行方

2010年よりバルセロナに在籍しているDFハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン代表)。持ち前のハードな守備で国内リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献してきた同選手だが、近い将来における同クラブ退団を示唆したことから、動向が注目されている。

こうした状況のなか、同クラブの育成部門を司るギジェルモ・アモール氏が同選手の去就について言及。同選手の慰留に全力を尽くす姿勢を明らかにした。英『TRIBAL FOOTBALL』が伝えている。

「彼はこのクラブで輝かしい実績を残してきた。まさに偉大なプロフェッショナルだし、彼はこれからもバルセロナの一員だよ」

2019年6月にバルセロナとの現行契約が満了となるマスチェラーノ。依然として退団時期を明言していない同選手だが、既に複数のメディアで報じられているパリ・サンジェルマンや中国方面への移籍の噂も含め、今後も動向を注視する必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ