ベッカム&ジェラード級の精度!? マンCのMFが放つダイレクトクロスの脅威

マンCのデ・ブライネ photo/Getty Images

ピタリと合う異様な精度

17日に行われたマンチェスター・シティVSトッテナムの一戦で圧巻のプレイを披露したのが、マンCのMFケビン・デ・ブライネだ。

まずは20分、ベルナルド・シウバから横パスを受けるとダイレクトで中へクロスボールを送り、ラヒーム・スターリングのゴールをアシスト。さらに35分、こちらもベルナルド・シウバからパスを受けるとダイレクトでグラウンダーのクロスを送り、セルヒオ・アグエロのゴールをアシストした。

デ・ブライネのキック精度は見事だが、何より凄いのはどちらもダイレクトで蹴っているということだ。英『Daily Mail』によると、かつてリヴァプールなどで活躍した解説のジェイミー・レドナップ氏はデイビッド・ベッカムやスティーブン・ジェラードと同じ能力とデ・ブライネを絶賛する。2人もダイレクトでピンポイントクロスを蹴ることのできる選手だったからだ。

「クラブと代表でジェラード、ベッカムとトレーニングできたのは幸運だった。彼らのクロスは私を驚かせ続けた。彼らのクロス成功の秘訣は、ボールを止める必要がなかったということだ。それによって相手DFに準備する時間を与えない。スティービーもベックスも不要なタッチをしないし、デ・ブライネもそうだ。今彼より良いクロスを蹴る選手はいないよ」

「20分にはシルバのバックパスをワンタッチで蹴り、カイル・ウォーカー・ピータースの背後を取ったスターリングに合わせた。35分にも再びワンタッチでアグエロの足下に合わせた。聞けば簡単だが、それが彼のスキルなんだ。彼のような選手がチームにいると、FWは仕事をするのがずっと楽になる。空いたスペースに入れば、デ・ブライネが見つけてくれる。スターリングもそれを分かっていたし、アグエロもそうだ」

ワンタッチで正確なクロスを蹴るのは難しく、特にスターリングに合わせた1点目の場面ではほとんど中を見ずに蹴っている。チームとしての約束事もあるのだろうが、それでもピンポイントでファーサイドへ届けることができるのは異常な能力だ。デ・ブライネはサイドハーフの選手ではないものの、クロス精度はベッカム級か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ