監督交代にアジア制覇 “激動の今季”を振り返る浦和MF柏木「しんどかった1年だが……」

浦和のゲームメイカー、柏き陽介 photo/Getty Images

カサブランカ戦ではMOMに選出

アジア王者の浦和レッズは12日、UAEで開催されているFIFAクラブワールドカップの5位決定戦で、アフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦。マウリシオの2ゴールなどでスコアを3-2とし、同大会を勝利で締めくくった。この結果、浦和はクラブW杯で5位となっている。

この一戦でフル出場を果たし、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたMF柏木陽介が試合後のインタビューに応じ、次のように語っている。クラブの公式サイトが伝えた。

まず、カサブランカ戦について「前回の試合で非常に悔しい思いをしたので、最後の試合ということもあり、攻撃では人数を掛けるところは掛ける、守備も行くところと行かないところのメリハリというのもつけました。攻撃で人数を掛けたからこそ、3点を奪えたと思いますし、守備でも切り替えを早くして本当に今まで、こういうプレイをやりたかったという部分を出せたので、非常に満足しています」とコメントしている。

そして、今大会を「こういう大会に出られるのは本当に貴重な経験。ただ初戦で勝ってもう一つ上に勝ち上がりたかったし、自分たちの力を証明したかった」と振り返った上で「またこのすばらしいクラブW杯に出られるようにトレーニングに取り組んで、良い結果を残して、出場したときに今度はこれ以上の結果を残せるように精進していきたいです」と今後の飛躍を誓った。

さらに、監督交代やアジア制覇など、浮き沈みのあった「激動の今季」について聞かれると「最初は負ける気もしなかった感じで入れました。そこから勝てなくなり、どうやったら勝てるのか、という時期もあって、監督も替わりました。そして、守備から組み立ててやっていこうということで、守備を重視しながら作っていきました。最後は、またそこをケアしつつ、勝てなかったですけど、攻撃でボールを持ってよいサッカーをしていく、ということを意識していきました」と明かしつつ「本当に変動のあった1年で、春夏秋冬ではないですけど、4つの季節というか、しんどかった1年ではありましたけど、終わって見て非常によかったなと思います。また人としてもサッカー選手としても成長できた1年。最後に勝って終われたので満足しています」と述べている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.201 初出場アイスランドがアルゼンチン相手に勝ち点1
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ