W杯後の“日本人ブーム”は確実? 守田にラツィオ移籍報道。セリエAの強豪がサムライを欲しがる2つの理由

W杯で大活躍だった守田英正 photo/Getty images

5大リーグの強豪クラブから関心を持たれている

FIFAワールドカップ・カタール大会で日本は大きな注目を集めた。グループステージではドイツとスペインを撃破し、決勝トーナメントでは前回大会2位のクロアチアに善戦したからだ。

すでに多くの日本人選手にステップアップの噂が出ており、守田英正もその一人だ。

伊『La Gazzetta dello Sport』によると、セリエAのラツィオが守田に関心を寄せているという。
ラツィオはセリエAの強豪で、今季はここまで15試合消化して勝ち点30の4位に付けている。2位ミランとの勝ち点差は3ポイントと少なく、来季のCL出場権獲得の可能性が高い。

ラツィオは今季主に[4-3-3]を採用しており、中盤3枚の強化に動いている。守田はインサイドハーフ、アンカーでのプレイが可能であり、適任だ。

ただ守田の獲得に動くには主力の売却が必要であり、ルイス・アルベルトの去就次第とされている。アルベルトはラツィオの得点源として知られているが、今季はここまで541分しかプレイしていない。

同メディアによると、セビージャが関心を寄せているようだが、まだ十分なオファーはないという。

守田からすればラツィオ移籍が決まればステップアップとなる。5大リーグであり、しかも上位クラブだ。指揮官であるマウリツィオ・サッリは名将として知られており、チェルシーやユヴェントスでの監督経験を持つ。

ラツィオの中盤はセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ、ダニロ・カタルディ、マティアス・ベシーノの3人がいて、マルコス・アントニオという若手が今季台頭し始めている。しかしカタルディは長いシーズンをフルで戦い切るのは難しく、アントニオもまだ22歳と若い。そこで中盤の選手層を厚くできる守田に白羽の矢が立ったようだ。

また守田を獲得するには1000万ユーロの移籍金が必要とされており、安価で補強できる点も魅力と考えられている。

今夏にスポルティングCPに移籍したばかりの守田だが、どう動くのか。注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ