サッカー“史上最速”!? ハーランドより速いであろう爆速弾の記憶再び[映像アリ]

ドルトムントのハーランドも速いが…… photo/Getty Images

色褪せぬ異次元のスピードの記憶

先日行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのドルトムントVSパリ・サンジェルマンの一戦において、ドルトムントFWアーリング・ハーランドが見せた爆速スプリントが大きな話題を呼んだ。

ハーランドは約60mを6.64秒で駆け抜けたと紹介されており、194cmの大型FWとは思えぬスピードに世界が衝撃を受けることになった。

そんな中、このタイミングで英『Sportbible』が1つの映像を振り返っている。その映像とは、2017年にインドネシアのボルネオFCに所属していたFWテレンス・プヒリが見せた爆速ゴールだ。

プヒリはミトラ・クカル戦にて自陣から驚異のスピードでボールを拾い、そのまま独走してゴールを決めたのだ。この時のスピードが異様なほど速いと話題を呼んだ。

「プヒリは現サッカー界最速の選手か?」と同メディアは改めて伝えており、ハーランドのスピードが話題になったこのタイミングで再びプヒリにスポットを当てている。

ハーランドのスピードもかなりのものがあったが、さすがにプヒリには敵わないか。サッカー選手というよりも陸上選手のようなスピードとなっており、サッカー界でこれほど速かった選手はいなかったかもしれない。





●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ