アウベス、ラームの領域へ ペップがウォーカーを”世界最高の1人”と認める「スピードをコントロールできる」

ペップの下で成長するウォーカー photo/Getty Images

世界最高の右サイドバックへ

現在パリ・サンジェルマンでプレイするダニエウ・アウベス、昨季限りで引退した元バイエルンのフィリップ・ラームは近年世界最高の右サイドバックと評価されてきた。その領域に達しているかは微妙なところだが、マンチェスター・シティ指揮官ジョゼップ・グアルディオラは自身が現在指導するDFカイル・ウォーカーも世界最高のサイドバックの1人だと主張している。

ウォーカーは今夏マンCに加入したイングランド代表の右サイドバックで、イングランド人選手らしくフィジカルに優れている。スピードがあり、超攻撃的だ。ラームやアウベスほどテクニックはないかもしれないが、ウォーカーのスピードは大きな武器だ。英『Daily Mirror』によると、グアルディオラはスピードあるアタッカーに対抗できるだけの身体能力を備えるウォーカーを絶賛しており、世界最高の1人と認めている。

「私は彼を世界最高の1人と評価しているよ。彼には多くのエネルギーがあり、守備面でも強い。ラッシュフォードやマルシャルは非常に速いが、彼はそのスピードをコントロールできる。彼らのスピードに対応できるウォーカーのような選手は世界的にも少ないよ。それこそ彼が重要な理由なんだ」

グアルディオラはまだ改善すべき点もあると感じているようだが、ウォーカーの能力に満足している。グアルディオラの下で成長できれば誰もが認める世界最高の右サイドバックの1人となるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ