“ライオン・イブラ”はもう昨季の状態に戻れない? 英紙が不安視する怪我の後遺症

驚異的な回復力を見せるイブラヒモビッチだが…… photo/Getty Images

スタメンの座にチャレンジするのは困難か

「ライオンは人間のように復活しない」と独特な言い回しとともに戦列復帰を果たしたマンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチだが、同選手も人間だ。規格外の存在ではあるものの、やはり怪我の影響は大きい。懸命なリハビリをしたとしても、トップフォームを取り戻すのは簡単なことではない。

英『Daily Mirror』は、「ズラタンが以前と同じ姿になることはないのでは」と不安を募らせている。イブラヒモビッチは今年4月のアンデルレヒト戦で右膝の前十字靭帯断裂の大怪我を負い、そこから賢明なリハビリを続けて11月18日のニューカッスル戦で復帰を果たした。

すでにイブラヒモビッチは派手なジャンピングボレーを披露するなど、らしいプレイも見せている。しかし同メディアは怪我の後遺症があると見ており、28得点を記録した昨季のような活躍は期待できないのではと伝えている。36歳という年齢を考えても、体の状態を元通りにするのは限りなく難しい。スピードやジャンプ力などあらゆるところに微妙なズレが生じているはずだ。

イブラヒモビッチの復帰でロメル・ルカクの負担を軽減できるのではないかとも言われたが、同メディアは現在のイブラヒモビッチはスタメンの座にチャレンジするのは難しいと見ており、ルカクへの依存度は変わっていない。今冬には新たなFWを探すのではないかとも伝えており、ライオンの状態が疑問視されている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ