ムヒタリアンが悪いのか、モウリーニョの戦術が悪いのか 香川との比較が加速する苦戦ぶり

出場機会失うムヒタリアン photo/Getty Images

ムヒタリアンは戦術に納得していない?

ここ最近は出場機会がなく、ベンチにすら入れない時もあるマンチェスター・ユナイテッドMFヘンリク・ムヒタリアン。開幕当初こそ好パフォーマンスを見せていたのだが、今では指揮官ジョゼ・モウリーニョの信頼を失いつつある。すでにムヒタリアンが指揮官の構想外となり、新たな香川真司になるのではないかと騒がれているが、本当にムヒタリアンの能力不足なのだろうか。

英『Manchester Evening News』によると、ムヒタリアンは自身のパフォーマンスが100%ではないと認めている部分もあるようだが、同時にモウリーニョの戦術が自身の特長を消してしまっていると感じているという。ムヒタリアンの本心を読むのは難しいが、少なくともモウリーニョの戦術にムヒタリアンがフィットしていないのは事実だ。

強豪クラブとの戦いでは守備的なプランを採用することも多く、現在トップ下を任されるジェシー・リンガードも攻守両面でハードワークできるタイプの選手だ。ムヒタリアンよりも守備面での貢献度が明らかに高い。モウリーニョはそれを好んでいるのだろう。

能力面の問題というより、チームの戦術にフィットしないところが余計に香川との比較を加速させる原因となっており、ムヒタリアンは非常に難しい時間を過ごしている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.193 ロシアW杯グループリーグ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ