代表では盟友、クラブでは何度も死闘 ランパードが選んだ最高のライバルは”パーフェクトMF”

チェルシーの英雄ランパード photo/Getty Images

同じ時代に舞い降りたパーフェクトMF

チェルシーで長く活躍し、現在は解説者として活躍するフランク・ランパードが自身にとって最大のライバルだった選手について語っている。

1995年にプロとしてデビューしたランパードは、まず2人の先輩に恐怖心を抱くようになる。英『METRO』によると、その選手とはマンチェスター・ユナイテッドのロイ・キーンとアーセナルのパトリック・ヴィエラだ。何かと激突していたこの2人はランパードにとっても怖い存在だったようで、「キーンとヴィエラを覚えているよ。彼らはアンタッチャブルな存在だったし、ピッチ上では良い意味で私をいじめた。ピッチでは恐怖を感じていたよ」と振り返っている。

その2人の時代が終わりランパードらの世代が主役になり始めると、イングランド代表での盟友がライバルとして立ちはだかるようになった。リヴァプールでプレイしたスティーブン・ジェラードだ。何でもできるMFとしてランパードとジェラードは似た特徴を持つ選手で、たびたび比較されてきた。ランパードもジェラードのことを最もタフなライバルだったと認めている。

「ロイたちの時代が終わると、ジェラードやスコールズ、ヤヤ・トゥレらだ。ただ、何年にもわたっての継続性や、彼が全てを持っていたことからジェラードが最もタフな相手だったと言えるね」

代表ではなぜか機能しないとも言われたが、ジェラードとランパードは黄金世代を引っ張る存在でもあった。その2人はクラブではライバル関係にあり、何度も好勝負を演じてきた。これほどの実力を持つMFが同じ時代に激突するのも珍しいケースと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ